読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳になった娘が圧倒的に好きな絵本3冊

買ってみても全然食いついてくれない本多数

いろいろ本は読んでみましたが、興味がないときは全く聞いてくれません。

 

逆に興味がある時は、自分でページをめくってくれたり、真剣に座って聞いていてくれたり。

 

娘のためにも大好きな本探し、し続けたいなと思っています。

 

そんな娘の大好きな本ランキングはこちら

第1位 いないいないばあ

いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)

大人気のこの本です。

不思議と最初のころからこの本だけはおとなしく座って聞いていてくれました。

 

「いないいない」というとうきうきした顔つきになって、「ばあ」と言った瞬間にキャッキャと笑いだします。かわいい動物の絵もツボみたいです。

動物の絵を指さしては「アッ」と言ってドキドキした顔をしているんです。この本があれば夕方の機嫌の悪い時間帯も、親子で楽しくすごせます。

 

第2位 いいこでねんね

いいこでねんねできるかな (おでかけ版ボードブック)

いいこでねんねのお出かけ版です。

電車でお出かけするときは、必ずこの本を持ち歩いています。お出かけ版は本のページがボール紙になっていて分厚いので、娘も自分でページをめくることができるんです。普通の本だとまだ、何枚も一緒にめくれてしまうので、自分でめくることができるこの本はとても楽しいみたいです。

 

ねこのミケちゃんやこいぬのコロちゃんの絵もかわいくて、何回も戻ってはめくり、というのを繰り返しています。

 

第3位 だるまさんシリーズ

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

だるまさんが、だるまさんと、だるまさんの、という三つの本のシリーズ。

「だるまさんと」では、いちごやバナナやメロンなどのフルーツが出てくるので、じぶんの好きなイチゴさんのところを何回も見直しています笑。絵でもイチゴが好きみたいで。

「だるまさんが」では、だるまさんが「どてっ」と転ぶろことが好きみたいです。どてっというと嬉しそうに笑いだします。音の響きが楽しいのかな。

「だるまさんの」では、目や手や歯がでてくると、自分の目や手や歯を指さすようになってきました。最初はそんなことしなかったんですが、分かるようになってきたみたいです。

 

楽しそうでよかった♪

  

 

 

いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)

いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)

 

 

 

 

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)