ゆるキャリママの購入履歴

バリキャリではないですが、仕事を楽しみつつ仕事を大切にしています。子育てをしながら仕事をするとあまりに時間がないので、買い物にできるだけ時間はかけたくないと思い、このブログをはじめました。

安い!使いやすい!ベビーカー用雨よけカバー

雨の日の保育園の送り&迎えは本当に大変

雨が最近多いですね。

 

平日に雨が降るととても憂鬱な気分になります。雨の中の保育園への登園は、晴れの日の何倍も疲れるからです。

 

そもそも晴れの日でも、大変なのに。。「歩いていく?ベビーカーで行く?」と聞くと、「歩かない。ベビーカーでいく」と答えたりするので、ベビーカーの準備をして乗せようとします。するとだいたい、「ベビーカーやだ」と言い出します。「抱っこ」と言って泣き出すことも。

もう慣れてきたので、子供のやりたいようにさせてますが、最初はだいぶイライラしました。朝の時間がない時なのに。。。と。

 

晴れの日はそんな感じでわがままを言ってもなんとかなるのでいいのですが、雨の日はベビーカー一択。保育園までずっと歩くことはほぼないので、歩きたいと言っても歩かせるわけにはいきません。

そんなときに「ベビーカーやだ」と言われてしまうと、説得するのが大変!!今日は半分無理やり乗せて、泣きながら登園する羽目になりました。

 

雨の日に使っているベビーカー用の雨よけカバー

基本的に雨の日はベビーカーから降りられず、ストレスがたまりやすいようです。

できれば雨よけカバーも気に入ったものを選びたいと思い、考えに考えた結果購入したベビーカーのカバーがこちらです。

フジキ ベビーカー用レインカバー おんぷ柄

 

1500円くらいでとてもリーズナブルで、大雨でなければ全然問題なく使えます。

大雨や嵐の時は、側面に空気が抜けるようの小さい3ミリ四方くらいの穴が、直径20センチの円状であいているので、すこし雨が入ってしまうことがあるので使っていません。

 

雨よけカバーの使い方

  1. ベビーカーに子どもをのせて、カバーをベビーカーの上からかぶせます。
  2. 両脇に紐がついているので、ベビーカーの後ろで紐を縛ります。

これだけで完成です。つけるのにかかる時間は約1分程度です。

朝バタバタと忙しい時も、あまり手間には感じません。

 

カバーをつけていると子供が窮屈そう・・・と思うこともあります

ビニールに囲まれているので蒸れるのか、途中から嫌がることもよくあります。

そういうときは前側にチャックが付いてて、上にあげることができるので、ちょっと屋根があるところに入った時などは前を開けています。

 

娘も気に入っているようで、晴れの日でもなぜかたまに、カバーは?と聞いてカバーを催促してきます。寒い日に言うことが多いので、カバーをかけていると暖かいのかな?

そんなときは、雨よけカバーをかけて、ひざ掛けをかけて、うとうとしながらとても快適そうに登園しています。

 

 

フジキ ベビーカー用レインカバー おんぷ柄