ゆるキャリママの購入履歴

バリキャリではないですが、仕事を楽しみつつ仕事を大切にしています。子育てをしながら仕事をするとあまりに時間がないので、買い物にできるだけ時間はかけたくないと思い、このブログをはじめました。

1から11までの数を覚えられる絵本『11ぴきのねことあほうどり』

4歳が近くなった娘が今いちばんはまっている絵本が、

11ぴきのねことあほうどり、の絵本です。


11ぴきのねことあほうどり


コロッケやさんをやっているねこたち。

毎日毎日余ったコロッケを食べることに飽きて、

鳥の丸焼きを食べることを夢見ます。

そんなとき、ちょうど現れたのが一匹のあほうどり。

しかもそのあほうどりには、11匹も兄弟がいると聞いて、

ねこたちは大興奮します。


ところが、会いに行ってみると、あほうどりの兄弟は、思った以上のビックサイズ笑。

最後の11匹目は扉を壊してしまうほどの大きさで、

毎回そのあほうどりが出てくるたびに娘は大笑いしています。

一羽、二羽、三羽とどんどん大きくなっていくあほうどりのサイズにドキドキして、

最後に出てくるあほうどりが思った以上の大きさなのが面白いようです🤣


3歳児の心をがっちりつかむ絵本です。


ちなみに、最後はあほうどりが大きすぎて、コロッケを食べ過ぎて、ねこたちはコロッケ作りに大忙し。

残念ながら鳥の丸焼きは食べられずに終わります。


娘は、あほうどりが一匹ずつ出てくる場面で、必ず一緒に、

いちわ、にわ、さんば、よんわ。。。

と数えています。

自然と11までの数字と、鳥の数え方が羽だということを覚えてくれました。


また、やましい気持ちは、実らずに終わる、そんな教訓も得られるのかもしれません。



11ぴきのねことあほうどり

11ぴきのねことあほうどり